消費者金融の分類〈サラ金・街金・闇金とは?〉

MENU
RSS

消費者金融の分類〈サラ金・街金・闇金とは?〉

消費者金融のキャッシングは無担保・無保証人となっています。これは利用者の信用を担保にしているという事になり、その責任はとても重いです。

 

そんな消費者金融ですが、昔は一様に「サラ金」という名前で呼ばれていました。つまりは、「消費者金融=サラ金」という事になります。サラ金というのはサラリーマン金融の略であるという事は誰もが知っている事ですが、近頃は余り使われなくなっている言葉でもあります。

 

またサラ金と並列の関係にあるのが「街金」です。したがって消費者金融とも並列の関係となります。ただしその言葉から受けるインパクトやマイナスのイメージは、「街金」という呼び名が最も悪い位置にあると言えます。

 

それでも更に悪いイメージの貸金業者があり、それが「闇金(ヤミ金)」です。実際にこのような業者は現在も多数存在しているようですが、一般的に言われる「悪徳業者」です。金利も利息制限法を無視した設定となっていて、返済の延滞では非常に厳しい態度で取り立てに来ます。その取り立ての方法も法律で定められている範囲外の手段で行う事は日常茶飯事と言えます。

 

サラ金のおすすめサービスを解説

から引用↓

大手サラ金のカードローンは、申し込み方法が店舗窓口からと、自動契約機、インターネットからの申込とがありますが、最近は来店不要のサラ金カードローンが人気のようです。

 

大手サラ金のカードローン利用者の大半は、パソコンや携帯・スマホからネット申込をしています。銀行振込を利用すれば、一度も来店しなくても借入することができ、おすすめですね。

 

 

【大手消費者金融とは】

 

現在日本の大手消費者金融として営業を行っているのは以下の会社となっています。

 

  • ●アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ)
  • ●プロミス(三井住友フィナンシャルグループ)
  • ●モビット(三井住友フィナンシャルグループ)
  • ●ノーローン(新生銀行グループ)
  • ●アイフル

 

以上の5社となっていますが、殆どの消費者金融が銀行の傘下となっている中、アイフルのみはただ1社独立して営業を行っている消費者金融です。
この中に「レイク」が入っていないと思った人もいるかも知れませんが、レイクは現在新生銀行レイクとして銀行業法の下で営業を行っていますので、消費者金融ではなく銀行となっています。
銀行法とは?
銀行業法のサイト

 

上記の殆どの大手の消費者金融やレイクが銀行の子会社となった背景には2006年あたりより開始された過払い金返還請求がありました。大手の消費者金融も経営危機の状態となり、銀行のグループに参入する事でなんとか危機を凌ぐ事ができたという背景があります。
武富士はそのあおりを受けて倒産してしまった他、中小の消費者金融も更に多くの会社が姿を消して行ったようです。

 

それ以降は特に大手消費者金融は、利息制限法の上限金利を遵守して営業を行っているので、利用者にとっても安心して借入れができる貸金業者となっています。消費者金融を利用するならば、やはり上記の5社を選択すると安心です。

 

 

 

 

【キャッシングとカードローンの違い】

 

一般的にキャッシングというと消費者金融であり、カードローンというと銀行であるようなイメージを持っている人は多いと思います。それでも実はどちらもカードを使用してお金を借りるという意味では全く同じ事なのです。実際にプロミスやアコムではカードローンとして商品の紹介をしています。

 

キャッシングと言うと消費者金融を連想する人も多く、イメージとして余り好ましくない印象を受けるという事もあるようです。
それでもどちらでお金を借りるとしても、カードを利用したり振込みでのキャッシングを行う事で借入方法も殆ど変りはありません。

 

ただし銀行の方が低金利となっていて総量規制の適用外となっているので、大口融資を得意としている事は消費者金融との相違点と言えます。
一方消費者金融の方が審査が早く通りやすいという事で、今直ぐにお金を借りたい時に利用すると便利な金融機関であると言えます。

 

またキャッシングで言うならば、クレジットカードも同様にキャッシングが可能なので、申込み不要で利用ができます。

国民健康保険の必要性と保険料納付

国民健康保険加入は国民の義務と言われています。更に国民年金も健康保険とセットで扱われますので、同様に加入は義務となっています。ただし社会人であれば社会保険や厚生年金に加入するので、その限りではありません。

 

このように会社組織に属していない成人は国民健康保険に加入し、保険料を支払う必要があります。

 

 

国保の疑問、国民健康保険料と保険税の違いとは?

 

国民保険の納付書が自宅に届いている人は既に気付いていると思いますが、納付書には「国民保険料」と「国民保険税」の2通りの名目があります。「一体どう違うの?」と疑問に感じる場合もあると思います。

 

実は2つの言葉は同じ意味であり、違うのは名目だけということです。どちらとも国民健康保険法に準拠している制度の為、全く同じモノと言えるのです。ただし基本的には同じシステムですが、違う点が2つだけあります。その点から言えば、「全く同じ」と言うには少々語弊があるかも知れません。

 

 

〈両者の違いは、優先順位・時効までの年数〉

 

両者には大きく違う点が2つあり、「支払いにおいての優先順位」と「時効となる年数」となっています。

 

 

〈支払いにおいての優先順位〉

 

例えば既に債務を持っていて、支払いが困難となり差押えになった場合、両者では大きな違いが出ます。

 

差押えが行われると、債権者は抵当権の順番(優先順位)によって弁済がされます。例えば債務者が通常土地などを担保にして銀行から借入れをしていると、弁済を受けることのできる順位として、銀行が1番抵当権となります。

 

それでも以前より税金の滞納があったという場合、国税の支払が優先されるケースが多いようです。国民健康保険税は国税と同等の扱いとなり、最優先で弁済される可能性があります。

 

このような理由で自治体によって保険税としているところもあり、メリットの1つと言えます。

 

通常
ただし、こる人の場合、どの支払いをおこなうか国民健康保険料よりも国民健康保険税の方が、「国税」ということで一番目に支払いを受ける権利を持っているのです。

 

 

〈時効となる年数〉

 

どちらの保険でも支払いの時効があります。ただしその年数に違いがあり、保険料では2年であり、保険税では5年となっています。また過去の支払い分を遡って徴収されることもありますが、保険料では2年分となりますが、保険税では3年分遡ることが可能になっています。

 

これは国民健康保険法で定める保険料の徴収と、地方税法で定める保険税の徴収の年数の違いによります。

 

一般的には保険税の方が高くなる傾向にあるようですが、住んでいる自治体によりその選択が別れるところです。自分で選択できないのは辛いところですね。

 

 

保険料の支払いを滞納すると保険が使えない?

 

保険料の支払いを長期間滞納している場合、その期間により対応が変わってきます。滞納が1年未満ならば、3~6か月有効の保険証が発行され、通常通り3割負担で受診が可能になります。

 

その後更新を繰り返すことになります。その際に保険料の支払いについて触れられることになります。

 

滞納が1年以上となると短期の保険証の返還をすると共に、病院では無保険で支払いを行うことになります。10割の支払い後に市役所などで手続きをすることで3割負担とすることができます。

 

それでも返還される7割分から未納の保険料が充当されることになるため、手元返ってくるお金は無いというのが現状のようです。

 

また1年6か月以上の滞納では、完全に保険の利用ができなくなります。更に差押えということにもなってきます。もっとも直ぐに差押えとなる訳では無く、分割での支払いも可能になるようです。もちろん利息も付きますので、当初の金額よりも多く支払いをすることになります。

 

長期滞納の場合には高額療養費制度の利用もできなくなるので、注意が必要です。

 

 

★概要

 

国民健康保険には保険料と保険税という2つの保険があり、自治体によりどちらかを採用しています。保険税の方が高くなり、支払の時効や遡って支払う期間は長くなっています。
保険料の滞納では保険を使えないことになる可能性もあるので、注意しましょう。