MENU

消費者金融の分類〈サラ金・街金・闇金とは?〉

消費者金融のキャッシングは無担保・無保証人となっています。これは利用者の信用を担保にしているという事になり、その責任はとても重いです。

 

そんな消費者金融ですが、昔は一様に「サラ金」という名前で呼ばれていました。つまりは、「消費者金融=サラ金」という事になります。サラ金というのはサラリーマン金融の略であるという事は誰もが知っている事ですが、近頃は余り使われなくなっている言葉でもあります。

 

またサラ金と並列の関係にあるのが「街金」です。したがって消費者金融とも並列の関係となります。ただしその言葉から受けるインパクトやマイナスのイメージは、「街金」という呼び名が最も悪い位置にあると言えます。

 

それでも更に悪いイメージの貸金業者があり、それが「闇金(ヤミ金)」です。実際にこのような業者は現在も多数存在しているようですが、一般的に言われる「悪徳業者」です。金利も利息制限法を無視した設定となっていて、返済の延滞では非常に厳しい態度で取り立てに来ます。その取り立ての方法も法律で定められている範囲外の手段で行う事は日常茶飯事と言えます。

 

サラ金のおすすめサービスを解説

から引用↓

大手サラ金のカードローンは、申し込み方法が店舗窓口からと、自動契約機、インターネットからの申込とがありますが、最近は来店不要のサラ金カードローンが人気のようです。

 

大手サラ金のカードローン利用者の大半は、パソコンや携帯・スマホからネット申込をしています。銀行振込を利用すれば、一度も来店しなくても借入することができ、おすすめですね。

 

 

【大手消費者金融とは】

 

現在日本の大手消費者金融として営業を行っているのは以下の会社となっています。

 

  • ●アコム(三菱UFJフィナンシャルグループ)
  • ●プロミス(三井住友フィナンシャルグループ)
  • ●モビット(三井住友フィナンシャルグループ)
  • ●ノーローン(新生銀行グループ)
  • ●アイフル

 

以上の5社となっていますが、殆どの消費者金融が銀行の傘下となっている中、アイフルのみはただ1社独立して営業を行っている消費者金融です。
この中に「レイク」が入っていないと思った人もいるかも知れませんが、レイクは現在新生銀行レイクとして銀行業法の下で営業を行っていますので、消費者金融ではなく銀行となっています。
銀行法とは?
銀行業法のサイト

 

上記の殆どの大手の消費者金融やレイクが銀行の子会社となった背景には2006年あたりより開始された過払い金返還請求がありました。大手の消費者金融も経営危機の状態となり、銀行のグループに参入する事でなんとか危機を凌ぐ事ができたという背景があります。
武富士はそのあおりを受けて倒産してしまった他、中小の消費者金融も更に多くの会社が姿を消して行ったようです。

 

それ以降は特に大手消費者金融は、利息制限法の上限金利を遵守して営業を行っているので、利用者にとっても安心して借入れができる貸金業者となっています。消費者金融を利用するならば、やはり上記の5社を選択すると安心です。

 

 

 

 

【キャッシングとカードローンの違い】

 

一般的にキャッシングというと消費者金融であり、カードローンというと銀行であるようなイメージを持っている人は多いと思います。それでも実はどちらもカードを使用してお金を借りるという意味では全く同じ事なのです。実際にプロミスやアコムではカードローンとして商品の紹介をしています。

 

キャッシングと言うと消費者金融を連想する人も多く、イメージとして余り好ましくない印象を受けるという事もあるようです。
それでもどちらでお金を借りるとしても、カードを利用したり振込みでのキャッシングを行う事で借入方法も殆ど変りはありません。

 

ただし銀行の方が低金利となっていて総量規制の適用外となっているので、大口融資を得意としている事は消費者金融との相違点と言えます。
一方消費者金融の方が審査が早く通りやすいという事で、今直ぐにお金を借りたい時に利用すると便利な金融機関であると言えます。

 

またキャッシングで言うならば、クレジットカードも同様にキャッシングが可能なので、申込み不要で利用ができます。